搭乗者保険と人身傷害保険の違い

搭乗者保険と人身傷害保険の違い

搭乗者保険と人身傷害保険・・・なんだか似ているような気がしますが、少し違った保険です。
搭乗者保険とは、契約している車に搭乗している人に対して補償されるあり、事故にあって怪我をしたときなどに支払われます。
もちろん、契約によって支払われる金額は違います。
対象となるのは、運転手自身とその車に搭乗している人すべてということになりますが、当たり前の乗り方をしていない場合は保険対象となりません。例えば、荷台に乗っていたりするようなときは対象とならないので注意が必要です。

 

一方、人身傷害保険についてですが、これは搭乗者保険より補償の幅が広がるといった雰囲気があります。
それは、自分の車の搭乗者だけではなく、相手側の車の搭乗者にも対象が広がるからです。
相手側への補償といった保険です。
過失割合に関係なく、逸失利益(正常に仕事ができた場合に得ることができた利益)の実損害額が支払われるというものです。
ですから、補償においては幅広くカバーしてくれるので人気となっており、任意保険に加入している人の中で半分の人が加入していると言われています。

 

もちろん、等級が高ければ保険料も安く済むので、安心を得るという意味では是非加入したい内容ですよね。